コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

職人として歩んできた道の先へ

道を切り開くというのは、これからの可能性に不安や期待を抱くものです。でも、ブレることなく、より良いものをつくり上げることが自信につながるのも事実。デザインはもちろんのこと、素材や使いやすさなど機能性に注力し、ほかとは一味違うものをつくり上げていく――。

僕らのつくる製品では、独自の技法により随所でグルーバー(革に溝をつける道具)を用いています。それは、仕上がりの美しさもさることながら、長く使っていただきたいという思いの表れでもあるのです。これからさらに突き進む道。その道に、僕らのグルーバーが刻み込まれることを願って…。

FEATURE

01 革製品の良さを知るそれが価値を知る第一歩

革製品をはじめて手にする瞬間。それは、ほんの少し大人に近づいたようで、特別な忘れられないイベントといえます。そんな大切な出会いを積み重ね、より楽しい人生を歩めるように――。僕たちが意識しているのは「見えないところまでこだわること」、そして「長年使用してもストレスを感じない使い心地」のふたつです。

皮は革として生まれ変わり、使い込まれることで成長します。グルーバーレザーの作品は、年月をかけて使い込める工夫が散りばめられているのです。

FEATURE

02 ともに時間を重ね、歴史を刻む

選び抜いた良質な革――その革は、使い込むたびに息を吹き返し、多様な表情を生み出します。
僕らは革を使い、作品をつくり上げることができます。しかし、そこで完成ではありません。その作品、革は、まだまだ成長過程なのです。

あなたが作品を手に取り、使い込むことではじめて歴史は動き出します。同じように年月を重ね、乗り越えていくことで作品も成長していく。そうして作品とともに歳を重ねていったときに、人生の相棒ともいえる存在が生まれるのです。
僕たちグルーバーレザーは、これからもそんな作品づくりに情熱を燃やし続けていきます。

FEATURE

03 長く付き合うからこそのつくり手からのアドバイス

革製品は、“人生の相棒”。この先、長い年月をともに過ごすためには、革それぞれに合わせた念入りなケアが欠かせません。しかし革には、脂分が多いものや少ないものなど、さまざまな仕上げ方があり、ケアの方法は製品によって細かく異なるのです。

オイルやクリーム、ケアに必要なものを最適な量、最適な方法で、しっとりと息づくような本革の魅力を最大限に引き出します。グルーバーレザーは、知識や技術、そして豊富なケア用品で、いつでもその方法をアドバイス。また、ケアの大切さもさることながら、本当に大切なのは信頼できる場所で購入することなのです。あなたの“人生の相棒”を僕たちとともに育みませんか?

会社概要が入ります