groover_leather_logo.png

カスタムオーダーについて

オリジナル商品、ちょっとした変更など

お気軽にご相談ください

グルーバーレザーではお客様に満足いただける様

出来る限りお応えできるよう努めます

About Material
Prodct

1、打ち合わせ

どんな些細なことからでも結構です。

まずは連絡をしてみてください。そこから自分だけのオリジナル商品が生まれます。

お客様のイメージしている写真などがあると、スムーズです。

​素材やカラーなどを決めていき、オーダー表が完成されます。

​※オーダーの受付時点で、3割以上の内金をいただくことをご了承ください。

2、製作

承ったオーダーは、一か月から約3か月を目安に製作されます。

内容にもよりますが、商品のほとんどが、手縫いによるハンドメイドの為に

時間が掛かってしまうことをご了承ください。

※カスタムオーダーに関しては、打ち合わせ後に

製作に関する連絡が行く場合がございますのでご了承ください。

また、お客様の納得のいく商品を提供したいので、それに添えない場合は

お断わりする場合もございますのでご了承ください。

3、お引渡し

お待ちいただいた商品は、お客様だけのオリジナル商品です

使い込むことで、更に表情が変わっていきますので

愛着あるアイテムに変わる事でしょう

Please reload

 

トスカーナ地方で作られたバケッタ製法の革です。 特徴として、日本でも小さな工場にこそ技術が詰まっているように、 ここでは縛られる事なく、ただひたすら より良い革を作り上げる為に革と向き合う 極少人数のタンナーにより作られた革です。 そんなタンナーで作り上げられた革は、手作業で丁寧にシボを出し、 しっかりと中まで脂分の入ったコシのある上質な革に仕上がります。 グルーバーレザーも少人数だからこそ出来る 手の込んだ製品を作り上げていきます。

press to zoom

トスカーナ地方でも植物鞣しの生誕地と言われるサンタクローチェ地区にある老舗タンナー、テンペスティ社で製造された、上質な革です。 なめす段階で入れる牛脂と魚脂の配合が他社とは異なり 特許を取得、エルバマットと呼ばれる独自の製法です。 また牛革の中でもっとも繊維の詰まった部位である 部分のみを使用したシングルバットで、 長方形に近い形でトリミングされているため、 ロスが少なくなる傾向があります。 オイル仕上げのため色落ちのリスクはありますが、 コシ感と艶は他にはない革です。

press to zoom

グルーバーレザーではへり返し(革を薄くして返す技法)をするより、 裁断面を磨き上げるコバを多く採用しています。 その理由としては、へり返しは、銀面を折り返しているので、 きれいなイメージもありますが、薄く漉いている為、 裂けてしまうと修理ができません。(へり返す方がよい場合もあります) しかし、コバを磨き上げる方は、たとえコバ面にダメージを受けても、 磨き直す事で、復活させることが出来ます。 またこのコバ磨きも、水で中から絞り上げるように固く磨き上げ、 何度も繰り返し、熱を加え、手間をかけて行くことで、 他にはない輝きを出すことが可能です。 お客様に長く使用していただきたい思いからコバ磨きを採用しています。

press to zoom

手縫いは、グルーバーレザーとして、力を入れている物の一つです。 手縫いの特徴はミシンと違い上糸と下糸が別々ではなく、 一本の糸から縫い上げます。 ミシンのように上糸、下糸で分かれていると、 ポケットの出し入れにより擦れることで、上糸が切れた場合、 一緒に下糸がほどけてしまいます。 しかし、手縫いの場合は、たとえ上糸が切れても、 一本の糸から上下に交差して縫い上げてので、 非常にほどけにくい仕組みになっています。 また、グルーバーレザーでは、独自の縫製により、 よりきれいな縫い目に仕上がっています。 それは、自分たちで工具を作り出し、 針一本から手を加えるといった徹底ぶりにより、仕上がったものです。

press to zoom

グルーバーレザーの技術の高さとして挙げられるものの一つが、 スタッズを革の中に打ち込んだ「隠しスタッズ」です。 これは、型押しの革を使用しているわけではなく、 一枚革の銀面を薄く裂き、床面にスタッズを打ち込むといった熟練の職人ならではの作業です。また、通常のスタッズをそのまま打ち込むのではなく、 高くなるように加工して打ち込まれています。 これにより、星型のスタッズが、綺麗な形で出す事が出来ます。 使い込むほど当たる部分はつやを増し、独特な表情と楽しむことが出来ます。

press to zoom

耐久性を考え考案されたのが、この「隠しステッチ」です。 このショートウォレットは上下の糸が表からは見えなく、 内装から見える特殊な縫製をしています。 ショートウォレットの場合どうしてもコーナー部分の糸がほつれてしまい、 ダメになる事が多くみられます。 しかしこのウォレットにはそのほつれる糸が外側にはないので、 結果より長く使っていただけるウォレットなのです。 更に両サイドの縫製は手縫いのため 安心してお使いになれるウォレットと言えます。

press to zoom

グルーバーレザーの名にあるように、 グルーバーレザーでは何種類ものグルーバーを使用するのですが、 グルーバーとは革を削り取る道具であり、 この道具により革の裏側を加工することで、 糸の沈み込みを可能にしています。 特にわかるのが表の手縫いの部分ですが、 糸があたらないようにしっかりと沈み込ませてあります。 これは、長年使い込むことで糸切れを防ぐことと、 独特のふくらみ感を出す狙いがあります。 この沈み込みの部分が使い込むほどあたりが出てくるので、 楽しみの一つになります。

press to zoom

グルーバーレザーのオリジナル技法として、ボトムワイド技法があります。 これは、仕切りの奥が広がるように作られたもので、 お札の出し入れがスムーズに行うことが出来るのが特徴です。 通常、仕切りは奥に行くにつれて狭くなり、札入れなどは、 引っ掛かりが生じてしまいます。 しかしこの技法は、仕切りの奥に工夫を加えることで、 広がりを持たせる事が可能になり、 非常に使いやすいお財布を実現させました。 お客様が長く使えるようにと考え出された技法です。

press to zoom

トスカーナ

シュリンクレザー

トスカーナ

スムースレザー

コバ磨き

手縫い

グルーバーの技術

(隠しステッチ)

グルーバーの技術

(隠しスタッズ)

グルーバーの技術

(ボトムワイド技法)

縫製へのこだわり

 
About Craftman

職人/デザイナー

徳永 直考

1977年生まれ 長野市出身


1996年より建設会社に勤務。原山氏と出会う
2000年より家具大工として0.1㎜の世界で技術者としての経験を積む。
同時にレザークラフトを始める。​
2005年より某アパレルメーカーのレザー工房に勤務
独自の縫製方法で、こだわりの製品の数々を生み出し、​工房をまとめ上げる
2017年、ハンドメイドレザースタジオ Groover Leatherを作る

挑戦が無いと進歩は生まれない
進歩がないと喜びは生まれない
職人としてより良い物づくりと、

お客様に喜んでもらえるような物づくりをするために

グルーバーレザーを作り上げました。
お客様のニーズに応えられるように心を込めて

製品を作り上げていきます。

ファイル_000.jpg

 

 

1976年生まれ 長野市出身


1997年より建設会社に勤務。徳永氏と出会う。

色々な職人と出会い、物づくりの凄さを知る。
2006年より某アパレルメーカーのレザー工房に勤務
こだわりの製品の数々を作り、​工房を支える
2017年、徳永とハンドメイドレザースタジオ
Groover Leatherを作る

今まで以上にこだわった物づくりを目指し、

お客様に身近な存在であり続けていきたいと考えております。

これからも笑顔を届けられるような

商品を作り上げていきます。

職人

​原山 純一

About Press
 
令和1号!_VIBES6月号に掲載されました❗️_先月に取材してもらい、何と!_